性能・技術

HOME > 性能・技術

木材

長い歴史のある木の会社が選んだ木で家づくりをすると同時に、地域と環境のために植林事業も行っております。

昭和初期、木の会社エコ・ビレッジは木材会社から始まりました。
エコ・ビレッジがつくるのは、木の家です。
自然の恵みを受けて育った、木材が主役の家です。

自社グループの製材を基本とする、エコ・ビレッジの家づくりは確かな原木選びから始まります。
同時に優れた製材技術に裏打ちされていなくてはなりません。

原木のほとんどは、地域の山林から手当て致します。杉やヒノキ(幸いにも、ヒノキの北限は私たちの住む八溝山系です。)ばかりでなくさまざまな原木を製材し家づくりに役立てることが出来るシステムを作り上げています。

製材

家づくりに生かされているのは、経験に裏打ちされた確かな製材技術と、長い歴史に培われた木材流通ネットワークです。

基本的に、エコ・ビレッジの家づくりの主役の木材は地域の国産材です。
地域から産出された原木を厳選して丁寧に製材しています。
地域資源を大切に使うために、腰板や押入れ中の杉板に至るまで製材を行っております。

さまざまな特注部材まで対応が可能なばかりではなく、家の建て替えの際などには、解体する旧家屋から古材を取り出し、新しい家に再利用するための再製材が出来ます。
そうすることによってお客様の家の歴史や思い出を継ぐことが出来ます。

自社グループ製材品ばかりでなく、木材会社としての長い歴史により全国から優れた木材を集めることも出来、吉野の杉・檜、木曾・天竜の杉・檜、四国の檜などさまざまな木材を利用することが可能となっております。

木材刻み加工

精密な機械加工(プレカット)と確かな手仕事。この二つが相まって、エコ・ビレッジの木の家をつくり上げていきます。

プレカットとは、柱や梁の継ぎ手を自動工作機械で機械加工する技術のことです。これにより精密でムラの無い加工、工期の短縮が可能となります。
(プレカット工場は弊社の出資組合です)

特殊建築物の木部材の加工については、自社設計部で構造N値計算を行いプレカットを行っております。
機械加工によるそれとは別に、大切にしているのが修練された手仕事の持つ技術の確かさです。

エコ・ビレッジで働く大工さんの多くは、当社でのキャリア20年~30年がざらと言う熟練の技を持つ大工さんです。

お客様の喜ぶ顔が何よりうれしいと思う大工さんが多く居てくれることが、地域に根ざした家づくりを考えるエコ・ビレッジの財産です。

塗装

さまざまな技法を駆使した無垢材の塗装。木の持つ表情と風合いを生かす塗装技法は、木の美しさを引き立てエコ・ビレッジならではの木の家となります。

選び抜かれた無垢材を磨き上げ、最終仕上げとして塗装の工程に移ります。

塗装の方法は、木材の風合いを生かすために10~15種類以上の塗装方法の組み合わせによってなされています。
木材それぞれに違った表情をつけるために行っているさまざまな塗装技法は、単なる住宅の内部塗装の域を超え、家具塗装の領域に入る品質の高さです。

エコ・ビレッジの仕上げの美しさを、見学会などで、目で見て、手で触って是非ご確認下さい。
塗装の材料は自然素材を始め、お住まいになる方のためにVOC(有害化学物質)残留の少ない塗料を使用しております。

PAGETOP